Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

花子と蓮さまの着物

NHKの朝ドラが明治や大正の時代だと衣装がとっても気になります。まだまだ着物が日常着で、海外のモードを取り入れた斬新なデザインの着物がつくられた時代だから。
『花子とアン』の着物はとっても素敵。着物だけじゃなく、帯の結び方や小物にも好感がもてます。HPによると、その時代のアンティーク着物を女優さんのサイズにリメイクしてるとのこと。そっかー、昔の反物の着物が着られるサイズなのね>吉高さんと仲間さん、と思ったのは和裁を学んだ経験から。『ごちそうさん』の衣装はアップになると肩の継ぎはぎが目立ったし、安っぽいエセ・アンティークが多かったのはサイズの問題だったのかもしれませんね。
c0222415_0303284.jpg
名古屋NHKの1階ロビーでやってる展示です。テレビで見たときから気になってた花子さんの半幅帯は裏地のちょい見せがそそられます。柄をよく見ようと顔を近づけたらそこはかとなく昔の香りが…。洗い張りして仕立て直してもとれないナフタリン臭がありました。アンティークならではですね。
[PR]
by minnieiko | 2014-09-05 00:31 | 着物 | Comments(0)