Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

3Dで思い知る

初めて3Dの映像を見たのはかれこれ20年以上前、留学中に旅行したフロリダのエプコット・センターでした。
マイケル・ジャクソンが歌って踊るキャプテンEOです。立体画像はもとより、振動するシートや降りかかる水しぶきに度肝をぬかれました。あれから四半世紀近くたち、そんな映像が普通の映画館で見られるようになったんですね。
アバター、見てきました。
興行収入がタイタニックを抜いて歴代1位になったとかで、これは映画館で見ておかないと!と思った次第です。シートに水しぶきや風の仕掛けはないものの画像は迫力満点でした。ネタばれになっちゃいけないので内容には触れませんが、映画とは関係なくはっきりわかったことがひとつ。
自分の英語力の低下です。
ちゃんと聞きとれないから無意識に字幕を追ってしまうんですね。で、3Dだとこの字幕がとっても中途半端なとこに浮かんでる。はっきり言って邪魔。でもピントがずれたその邪魔な字幕をつい読んでしまう情けなさ。運動しないと筋肉が落ちるように、使わない言葉は忘れるってこと。そして脳のトレーニングは筋トレよりずっと大変そうです。はてさてどうしたものか。
[PR]
by minnieiko | 2010-01-30 22:00 | No Music, No Life | Comments(2)

備忘録:E2系(0番台)

c0222415_2374341.jpg
元旦、野沢温泉から国立競技場へ日帰りしたときの写真、長野新幹線の「あさま」です。帰りに乗ったのはE2系1000番台と同じ10両編成でした。試合に負けて落ち込んで細部をチェックしなかったこと、ちょっと後悔してます。それでも写真だけは撮ってるって、これはもう習性でしょうか。
次にいつ乗る機会があるかわからないので載せときます。
[PR]
by minnieiko | 2010-01-25 23:24 | 旅はつれづれ | Comments(0)

水玉小紋

ヲジマヤさんの着物です。ずいぶん長いこと悩んで買いました。
ありそうでない配色と細かい格子の地模様がお気に入り。お仕立ては和裁の先生にお願いしました。衿にくる水玉の位置までぴったりの柄合わせが流石でしょ。初めて袖を通したとき は重ね衿と袋帯でよそいきっぽくコーディネートしましたが、そもそも遊び着なので、2回目の昨日は柄半衿と塩瀬の名古屋帯でドレスダウンしました。帯揚げと襦袢の袖が半衿とおそろいです。
c0222415_2242524.jpgc0222415_22423733.jpg
でも、なんかおもしろみに欠けるコーデですね。やっぱりこの着物にはもっとインパクトのある帯を合わせたい。けどそんな個性的な帯持ってないしなぁ…。いつか出会ったら手に入れることにいたしましょう。
[PR]
by minnieiko | 2010-01-25 22:49 | 着物 | Comments(5)

みよいそ会

大好きな呉服屋、ヲジマヤさんの展示会へ出かけました。
ここの着物、帯、小物、どれをとっても好みなんですが、悲しいかなわたしのお財布事情ではそう簡単には買えないものがほとんど。今回のテーマは「沖縄」、これまた欲しいものばかり、でも、買えない…。どんなにがんばっても無理なお値段なので、じっくりと目の保養をさせていただきました。
c0222415_18535227.jpg
c0222415_18594212.jpg
そして、うえのため息がでるような案内書に同封されてたのがこのお知らせ。
「泡盛をよく知りたい人のためのワンポイント泡盛講座」
いいんですか、呉服屋さんの展示会でこんなことして?
でもうれしい 笑
さっそく予約してからキモノミ(着物+呑み)友達を誘いました。

泡盛の歴史、製法、育て方など興味深いお話をうかがったあとはテイスティング。泡盛を飲み比べるのは初めてですが(本当よ!)、こんなにいろんな香りと味があるとは驚きでした。参加者のおひとりが持ってきてくださった瑞穂はSUNTORYの瓶に入っています。戦後の物資がない時代は、手に入るいろんな瓶に入れて売ってたそうで、これがその超レアもの。未開封なのに中身が減ってるのは熟成がすすんだからとのことで、キャップに顔を近づけると甘くて深い麹の香りがしました。
c0222415_21133822.jpgc0222415_21135994.jpg
講座のあと、さらに美味しいおつまみと泡盛をいただき、すっかり沖縄気分になったわたしたちは地下鉄を途中下車し、わしたショップで沖縄食材を買い込んで帰宅したのでした。
[PR]
by minnieiko | 2010-01-24 19:07 | 食いしん坊 | Comments(1)

新年会/お誕生会

友人宅にて。
2時から9時まで。食べて呑んで、しゃべって呑んで、楽しい1日でした。

c0222415_2251216.jpgc0222415_225373.jpg

[PR]
by minnieiko | 2010-01-18 22:06 | 食いしん坊 | Comments(0)

ウールの古着

昨日は着物に目覚めたばかりのころネットで買ったウールの着物に、骨董市でみつけた半幅帯、古着屋で買ったコートを合わせ、風呂敷に酒瓶包んで出かけました。
c0222415_2151583.jpgc0222415_215135100.jpg
先週書いたわたしにしかわからない着物ランク分けでは3の3。価値の低い古着の中でも一番下、ぞうきんにする寸前のTシャツレベルです。でも清潔な着古したシャツって着心地いいですよね。古着のウールもそう。暖かいし皺も気にならない。汚れたら洗濯機のドライモードで洗えばいいんです。昨日は襦袢もモス(ウール)にしたから滑らず、ゆったり着てても1日着くずれしませんでした。
[PR]
by minnieiko | 2010-01-18 22:01 | 着物 | Comments(0)

道具に拘る

いや、道具に頼る、が正しいですな。苦笑
昼休みに三越でやってる京都展へでかけて、指抜きを買いました。みすや針のおじさんに「和裁やってる人はみんなこれだよ」と言われ、じゃぁいただきます、と。鹿皮を小さく切ったのが5枚入ってます。さっそく1枚、自分の指に合わせて切って縫いとめました。なんかプロっぽくってうれしい。よくある金属製のは指が蒸れるから松坂木綿のを使ってますが、和裁を習い始めたころに買ったものでさすがにくたびれてきました。今度お伊勢さんにお参りに行ったらおかげ横丁で買おうと思ってた矢先だったのでちょうどよかったです。
去年は1年で1枚しか縫えなかった着物、今年は何枚縫えるでしょうか。
c0222415_23454664.jpg

[PR]
by minnieiko | 2010-01-14 23:52 | 着物 | Comments(0)

薔薇の付け下げ

わたしの中には明確な着物のジャンル分けがあります。格式や価格とは全く関係ない、わたしにしかわからない区分。それは…

1.最大級に大切なもの:母がわたしのために誂えてくれたもの及び母の着物、帯
全体の7割ほどを占めますが出番は少ない。なぜなら母の好み=わたしの好みではなく、大切なだけに汚しちいけないと緊張するから。
2.大切なもの:自分の貯金で誂えたものと自分で縫ったもの
母が用意してくれてた反物で誂えたのを含みます。全体の1割くらいしかないけど、当然ながら愛着があります。
3.普段使い、ユニクロのジャージレベルの大切さ:古着すべて
全体の2割くらい。着物好きな人には戦前ものをアンティークと称して大切にされる方もいらっしゃいますが、わたしにとってはいつの時代のだろうとただの古着。価値は低いです。でも、だからこそ気楽に着られて出番が多い。

長―い前ふりをしたのは一昨日、新年会へ行くのにわざわざ着替えた理由だから(^^;;
昼間着てた乱菊の小紋は重要度レベル1の大切な着物なので呑み会に着てくのはためらわれたんです。
で、着替えたのがこちら。
c0222415_2115151.jpgc0222415_21153855.jpg
どっしりした生地の付け下げは裾全体に白い透かしの薔薇、ポイントに赤と白の薔薇が描かれています。帯は白地にピンクと金糸銀糸で壺を織り込んだ名古屋帯。着物の格付けでは昼の小紋より上、このまま結婚式に行けるレベルですが、どちらも古着です。ちなみに着物、帯ともに1000円。値段で大切さをはかってはいけないけど、これならワインこぼしても笑っていられるでしょ。
[PR]
by minnieiko | 2010-01-12 23:37 | 着物 | Comments(2)

乱菊の小紋

今年は昨年よりさらに着物を着る機会が少なくなりそうなので、サッカーがシーズンオフの間にできるだけ着ておきたい。で、コーデを忘れないよう着たのはきっちりブログにあげていくつもりです。
  c0222415_22474226.jpgc0222415_2248473.jpg
昨日、細見美術館展へ着てったのは琳派を意識して艶やかな乱菊の小紋に金糸の袋帯。どちらも10代のころ母が誂えてくれたものです。当時のわたしはこれが乱菊という伝統柄だと知らず、母の説明は聞く耳もたずで、そのまま箪笥の肥しとして仕舞いこまれてました。着物を着るようになって自分の着物まわりを検めたときも、たとう紙ひらくなり「こんなケバいのよう着んわ~」と思ったんですが、羽織ってみてびっくり。洋服ではあり得ない色柄でも着物だと映えるんですね。今では大のお気に入り。ただ、華やか過ぎて40代で着るには若干ためらいがあります(と言いつつ着てるけど。下駄も朱塗りだし 笑)
[PR]
by minnieiko | 2010-01-11 22:50 | 着物 | Comments(4)

細見美術館展と新年会

昨日は盛りだくさんでした。
午前中はジムで軽~くトレーニング、自宅で昼食のあと着替えて細見美術館展へでかけました。デパートの催事なので開催期間が短いんです。12月28日から1月11日まで。年末年始は名古屋にいなかったし平日は当然ながらいけない、最終日の今日は混むだろうと昨日でかけたんですが…。いやはやすごい人でした。人の間から作品を覗く感じ。でもきんきらきんの屏風と花鳥風月で遅ればせながらお正月気分を満喫しました。大好きな若冲もたっぷりみられてうれしかったです。
帰宅して再び着替え、夜はウチから徒歩3分のスペイン・バルで近所の呑み仲間と新年会。実はわたし、3日から一昨日まで断酒してました。胃潰瘍の原因のひとつ、ピロリ菌除去のために大量の薬を服用してたからです。今日から解禁だーと昼にリハビリで缶ビール1本飲んだらそれだけでほろ酔い。こりゃ夜も呑めないなぁと思ってたんですが、久しぶりに集まったのでいろんな話題で盛り上がり、つい深酒、というか断酒あけだと少量(?)のお酒でも酔うんですね。
c0222415_11531640.jpg
というわけで、今朝は起きられませんでした。1次会だけで帰るべきだったと反省中です。今日はおうちでのんびりデー。これから食料品を買いにいって常備菜あれこれをつくり、テレビで高校サッカーの決勝戦を観ます。青森山田高校の柴崎くん、名古屋へおいで、おいで、おいで~♪
[PR]
by minnieiko | 2010-01-11 11:55 | 食いしん坊 | Comments(0)