Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

いつのまにか

ベランダへ出てみてびっくり。梅がこんなに咲いてます。この前水やりしたときは蕾だったのに。ここ数日暖かかったせいでしょうか、紫陽花の芽もふくらんできました。春はもうすぐそこですね。c0222415_11113389.jpgc0222415_11115881.jpg

[PR]
by minnieiko | 2010-02-27 11:12 | ひとりごと | Comments(4)

梶川にて

仕事一色の毎日ですが、ちゃんと息抜きもしてます。
木曜日は梶川わいん会で美味しいお料理とワインを堪能しました。仕事疲れとストレスで凝り固まった身体と心が、一箸ごとにほぐれていく感じ。シアワセな一夜でした。

先:冷やし茶碗蒸し ホタルイカ、蒸しアワビ、ずわいがに、グリンピースのあんかけ
椀:あいなめ、手まり麩、わらび、竹の子
c0222415_9441877.jpgc0222415_9444314.jpg
造:鯛、かつを、とり貝
c0222415_9452936.jpgc0222415_9462413.jpg
しのぎ:蒸しずし
焼:ます、菜の花、カラスミ焼き、豆腐田楽
c0222415_9474786.jpgc0222415_9481449.jpg

箸:ゆば、甘エビ、イクラ、花山葵のあん
焼:牛のたたき、タラの芽、うど、筍、ふきの味噌焼き
c0222415_9503458.jpgc0222415_9551457.jpg
飯:そら豆、桜えび、うにごはん
水:抹茶の蒸しパン、ホワイトチョコレートのジェラード、苺
c0222415_9554890.jpgc0222415_956159.jpg
いただいたワインは、スパークリングJ(ジェイ)・ブリュット・ロゼ、アルガブランカ・イセハラ2009勝沼醸造、サクリサッシ・ビアンコ2006レ・ドゥエ・テッレ、クラトス・パエストゥム2007ルイジ・マッフィーニ。
c0222415_957251.jpg
わたし、ワインの知識はまったくないので、美味しいワインをいただくには詳しい方にくっついてくかいいソムリエのいるお店に行くに限ると思ってます。幹事の方がお料理に合うワインをセレクトしてくださるこの集まりは、毎回至福のとき。今回はイセハラとお刺身のマリアージュに感激しました。葡萄ジュースみたいなのにお醤油に合うんです。日本のワイナリーもがんばってますね。いつも新しい感動をありがとうございます>N夫妻
[PR]
by minnieiko | 2010-02-27 09:59 | 食いしん坊 | Comments(0)

蝶々のウールとニットポンチョ

なんか…、こんなおばあちゃん、日泰寺の参道あたりにいませんか?
蔵開きへ行ったときのコーデ。なんとも野暮ったくなってしまったけど、失敗を繰り返さないために載せときます。
c0222415_938425.jpg
蝶々柄のウールに小袋帯を合わせ、ニットのフード付きポンチョを羽織る、ここまでは悪くなかったと思うの。敗因は毛糸の襟巻(しかもラメ入り)と斜めかけにしたシャンバック。これで一気に老けた(--;;)。でもね、酒蔵は寒いし若葉はおつまみも出してくれるんですよ。食べながら呑むには両手があいてないと。そうか、スタイルより機能を優先したからこうなっちゃったのか。次からは気をつけよう。
[PR]
by minnieiko | 2010-02-27 09:39 | 着物 | Comments(0)

蔵開き

岐阜県瑞浪市、若葉酒造の酒蔵開きに出かけました。
先週は(も)残業続きで帰宅は連日10時過ぎ。ジムへ行く余力もなく疲れとストレスをため込んだ週末に、楽しいイベントがあってよかった。
c0222415_21384524.jpgc0222415_21392038.jpg
一緒に行ったメンバーの何人かは名古屋へ戻ってから二次会、三次会にくり出してるらしい。
気持ちにゆとりがないわたしは、まっすぐ帰って明日の仕事の段取りつけてます。もっと体力つけて仕事も遊びもがんばらなくちゃね。
[PR]
by minnieiko | 2010-02-21 21:40 | 食いしん坊 | Comments(0)

山岡古都の墨染

さて、木綿展の翌日は新年会。昨年の納涼会に参加して、かなりハイレベルな着物通のみなさまの集まりだなぁと思ったので、何を着てくか真剣に悩みました。で、悩んだときは母の着物です。
初めてこの着物に袖を通したのは地元の着物の集まりでした。染めなのか織なのか判断つかず、年配の方が多い集まりで聞けばわかるかも、と。でも会場に着く前に判明したんです。地下鉄の中で見知らぬご婦人に声をかけられました。
「まぁ、山岡古都のお着物、いいわねぇ…」
「ヤマオカコトって何ですか?」
知らないことは知ってる人に聞くにかぎりますからね。新年会でも何人かの方に「古都先生のお着物ね」と声をかけていただき、うれしかった。空の上の母に感謝。
c0222415_97979.jpgc0222415_993835.jpg

[PR]
by minnieiko | 2010-02-21 09:09 | 着物 | Comments(4)

つぎはぎ絣

先週の木綿展へ着てったのはやっぱり木綿です。
c0222415_8513983.jpgc0222415_852460.jpg
左、いつの時代のかわかりませんが、ネットで一目ぼれしてついポチリ。一反とあったんですが届いたのを湯通ししたら9mしかありません。どうやったって着物は無理な長さです。それでも諦めがつかなくて、見えないところに別布を継ごうと服地屋を何件か探しましたが似た風合いのはみつけられませんでした。で、半年後くらいにネットでみつけたのが右。久々に気合いの入るオークションでした。
さて、困ったのは仕立てです。子供用の着物があまりに小さくてどう継いだらいいのかさっぱりわかりません。さんざん悩んだあげく、自分で縫うのは諦めて先生にお願いしました。両袖に子供の着物が使ってあります。継ぎはぎだらけなんですが、たぶん近くで見てもわからないでしょう。これぞプロの仕事です。
c0222415_8535025.jpgc0222415_8541340.jpg

[PR]
by minnieiko | 2010-02-21 08:55 | 着物 | Comments(2)

新年あけまして

おめでとうございます
今日は旧暦のお正月、葉山の日影茶屋で催されたKIMONO真楽の新年会に出かけました。
c0222415_23565594.jpg
個性豊かな着物をまとった紳士淑女が約60名、それはもう豪華絢爛。風情ある料亭で味わう美味しいお料理と、楽しい会話、そして熱気あふれる余興(謎笑)
みなさまといろんなお話をさせていただいて、わたしももっと人間としての幅というか、奥ゆきを深めたいなぁとしみじみ思う1日でございました。
[PR]
by minnieiko | 2010-02-14 23:57 | 着物 | Comments(4)

また増えた

これ、いつ、誰が縫うんですか?
はい、わたしが自分で縫います、いつか、きっと。いや、今年中にせめて1枚。
c0222415_23334320.jpg
左から、綿レースのワッフル(ピンクです)、ぬくもり工房のなんちゃって花織、片貝絞り藍染、久留米、遠州綿紬、有松豆絞り。押し入れのプラスチックキャビネットにぶち込まれた未仕立ての綿、麻です。この他に洗い張りやウールなどの材料もかなり。正絹はプロにお願いしますが、単衣の普段着はお仕立て代もったいないから自分で縫いますよ。そのために和裁ならったんだし。でもいつ?はぁ…(溜息)
写真中央の久留米は本日購入したものです。某BBSでずずさんが書かれてた染織こだま木綿展、時間がないといいつつ出かけてしまいました。しかも初日の営業開始と同時に入店。いや別に力入れてたわけじゃなく、友人もわたしも2時までには名東区へ帰りたかったから。ちらりと見てすぐ帰るつもりだったんですが…、あれもこれも、それもあっちも…、次々と欲しいものがあらわれて収拾付かず。時間切れで1本で済んでよかった。てか、もうこれ以上は増やせません>自力お仕立て予定
[PR]
by minnieiko | 2010-02-13 23:36 | 着物 | Comments(8)

チェックの着物

あえて格子ではなくチェックと書いたのは、洋服地で仕立てたものだから。
亡くなった母の和箪笥には未仕立ての反物を入れる引き出しがいくつかありましたが、そこに洋服地が2つ入っていました。ひとつはタイシルク。これは「着物にしたいから買ってきて」とわたしが頼まれたものなので、いろんな思い入れもあり、着物を着るようになってすぐに仕立ててもらいました。もうひとつがこのウール。母は和裁と洋裁の両方する人でしたが洋裁の方が得意で、未仕立ての洋服地を入れる箪笥が別にありました。だから間違ってこっちに入れたのかなぁとほったらかしてたんですが、あるとき着物雑誌で白黒格子の着物を見て、デジャヴー。どこかで見たことある…、そうか、あの洋服地だ!と気付き、実家にとりに行って測ってみたらちょうど着物の要尺です。母の箪笥には他にも洋服地で作った二部式着物やフェイクレザーの作り帯なんかがあったのに、なんでわからなかったんでしょ。もうこれは仕立てるしかありません。ウールは単衣なので自分で縫いました。
c0222415_047539.jpgc0222415_0472311.jpg
昨日これを選んだのは、くるりの着物が洋服感覚だと思ったから。そしたら店頭のトルソーがうりふたつの着物を着ててびっくりです。店員さんの了承を得てツーショット(?)で記念撮影させていただきました。
[PR]
by minnieiko | 2010-02-08 23:59 | 着物 | Comments(6)

ファブリック帯の結び方教室

昨日は学びの1日でした。
篠笛講座のあとランチして本屋で新刊チェックしてからJRタカシマヤへ。お目当ては「くるりのきもの展」。くるりは洋服感覚の着物を大量生産してリーズナブルに売るショップ。既製品はサイズに問題ありのわたしに合うのはないだろうと思いましたが、なにしろfamousとpopularにめっぽう弱いので、流行りものはとりあえずチェックしときたいんです。特設の小さな売り場をひととおりチェックして、ふうーん、なるほどねー、と立ち去ろうとしたら店員さんに声をかけられました。
「もうじき、3時からファブリック帯の結び教室やりますからいかがですか?」
ファブリック帯ってなんですか、と聞いて見せてくれたのは帯芯のない帯、つまり兵児帯。でも幅は通常の帯幅です。畳んであるのを一瞥してこんな名古屋帯いらんわーと思ったのがそれでした。兵児帯は子供っぽくて使えないと思ってましたが後学のために参加させていただくことに。
c0222415_0404123.jpgc0222415_041758.jpg
左は声をかけてくれた店員さんですが、これも兵児帯なんです。なるほどねー、ひらひらに結ぶだけじゃないんだ。目から鱗でした。芯がない=体を締め付けないからきっとすごく楽なんじゃないかな。店員さんに「これ自分でも作れますよ」と言われたことでショップへの信頼度は5割増。結局何も買わなかったけど、キモノ姫系が好きな人には推奨します。
[PR]
by minnieiko | 2010-02-08 23:51 | 着物 | Comments(0)