Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

PIXYラストメッセージ

録画してあったCBCの60周年記念番組、ようやく見ました。
引退した年に放送した番組の再放送とのことですが、わたしは2001年に見た記憶がない。なんでだろ、この年はホーム全試合、アウェイもかなりの試合に足を運んだし、練習場にも通ってグランパス関連のテレビ番組は全部チェックしてたはずなのに。録画を見始めてすぐわかりました。
放送されたのは2001年10月7日、母が亡くなった日でした。

いろんなこと思い出しながら見ました。

ピクシーがピッチにいたころ、グランパスのサッカーは本当に楽しかった。ピクシーが名古屋に来なかったら、溜息がでるほど華麗なプレーをスタジアムで観なかったら、わたしはここまでサッカー好きにはならなかった。
彼が日本を去ってからもわたしはスタジアムに通い続け、監督として戻ってきてからはますます気持ちを込めてグランパスを応援してます。そしてこれからもずっと。
さて、今日は横浜で試合。そろそろ支度して出かけましょうか。
[PR]
by minnieiko | 2010-07-31 12:33 | サッカー | Comments(0)

魔法の調味料

遅ればせながらハマってます>食べるラー油
パリから帰り翌日から深夜残業が続いた週はこれにずいぶん助けられました。生野菜、茹で野菜、豆腐、ご飯やそうめん、お惣菜の揚げ物…、何でも一味ランクアップ!
c0222415_9303126.jpg
始まりは先月、ウチでだらだら呑む会をしたとき友人が持ってきてくれた左。食べ比べてみようと近所のスーパーで勝ったのが右。右には大きめのカリカリ大蒜が入ってますが、味の深みはだんぜん左です。少量を隠し味に使うこともできるから。よく作る常備菜の肉みそ(余った野菜をなんでも微塵切りにして挽肉と一緒に炒め調理味噌で味付けする)にちょっと加えたら、これがまた美味しい。野菜不足を解消しようと先週末につくった大量のラタツゥイユ、これに混ぜたら深い味の中華料理に早変わりしました。
このマイブーム、しばらく続きそうです。
[PR]
by minnieiko | 2010-07-31 09:30 | 食いしん坊 | Comments(6)

名古屋グランパス 2×1 湘南ベルマーレ

仕事のきりがついたのは7時過ぎ。あと2時間くらい頑張っとけば明日はジムへ行けるかも、と少し気持ちが揺れたけど、今日はどうしてもサッカー観に行きたかった!
最寄駅から瑞穂のスタジアムまで10分くらい歩きます。でも、地下鉄の駅を出るともうかすかに聞こえるんですよ、声援が。近づくにつれ大きくなる耳に馴染んだ応援歌、そして闇の中に燦然と輝くスタジアムが見えたときの高揚感。これよ、これ!! わたしにとって一番のご褒美は、豪華な食事でも買物でもなく、スタジアムの熱気なんだと痛感しました。
試合は…、前半の終了間際からしか観てないので断言できませんが、快勝とは言えないなぁ。2-0になった時点で夢生とマギヌンを下げたのは土曜日のマリノス戦のために休ませる意図もあったと思うけど、交代してすぐカウンターをくらって1点返され、終盤はひやひやでした。
でもまぁ、勝ちは勝ちですからね。去年まで格下に足をすくわれることが多かったこと思えば、きっちり3つポイント積み上げたことでよしとします。ダニルソンがこのグランパスでの初得点ではずみつけて、札幌のときみたいに爆発してくれることを期待しましょう。
c0222415_092577.jpg

[PR]
by minnieiko | 2010-07-28 23:58 | サッカー | Comments(0)

名古屋グランパス 3×3 清水エスパルス

先制して追いつかれ、追加点とって追いつかれ、突き放してまた追いつかれる。これは負けなかったんじゃなく勝てなかった引き分け。優勝を狙うチームなら勝たなきゃいけない試合でした。くやしい。
中断前のふがいなさはなかった。玉田のゴールも夢生のゴールもきれいな流れからのシュートでミスター言うところの美しいサッカーだった。でも、もう「おもしろい試合だった」じゃ満足も納得もできないんですよ。何度も書いてるように今年の目標はリーグ制覇だから。
と、書きつつ、負けなかった清水の方が一枚上手だな、と冷静に分析する自分もいます。そして鹿島はきっちり磐田に勝って勝点積み上げ。くやしいけどさすがだなと思う。ウチはひとつづつ勝ちを重ねていくしかないですね。勝機は必ずあるから。リーグ戦はまだ中盤、ここからですよ!
今日はMさんのお穣ちゃんがエスコートキッズに登場。夢生と手をつないでピッチに入場しました。うらやましいゾ>のんちゃん(^^)
c0222415_023331.jpgc0222415_03970.jpg

[PR]
by minnieiko | 2010-07-24 23:55 | サッカー | Comments(2)

ただいま~♪

連休に有給をくっつけて久しぶりに遠出をしました。c0222415_21184147.jpgc0222415_2119151.jpg
時刻表を読み間違えたり、道に迷ったり。今回もいろんなことがありましたが、美味しいものをいただき、好きな絵や彫刻をたくさん観て、しっかりリフレッシュしてきました。
旅のあれこれは近いうちに本家のHPにアップしますね(するつもり(^^;;)
[PR]
by minnieiko | 2010-07-19 21:21 | 旅はつれづれ | Comments(6)

そうだ、そしてグランパス

夢の続きは4年後にみるとして、余韻を楽しみつつ現実に立ち戻りましょう。
そう、Jリーグ、今週末から再開です。
中断前はしょぼい試合ばかりでフラストレーションいっぱいでしたが、実はまだ2位なんですよ>グランパス
わたしはNACKへは行けないので来週のエスパルス戦からスタジアム復帰です。W杯の手に汗握る戦いをテレビで観ながらずっと思ってたことは…
「やっぱサッカーはスタジアムで観なくちゃ!」
久しぶりの瑞穂、今からドキドキわくわくです。
[PR]
by minnieiko | 2010-07-13 00:03 | サッカー | Comments(2)

余韻にひたる

歓喜に包まれるスペインの選手たちを瞼に焼き付けて出勤。今日も遅くまで仕事がんばりましたよ。決勝戦の余韻で21時過ぎまでフルスロットル。明日は辛いかも 苦笑
で、帰宅してネットでスポーツニュースをチェックしたら、MVPがフォルランだった!
うれしいです!
ガーナ戦の最後のハンドでウルグアイってチームにちょっとがっかりしましたが、フォルランが今大会最高のストライカーだったことに変わりないもの。次点がスナイデルで3番目にビジャ、これも誰もが納得するところでしょう。さすがにちゃんと観てますね。
しばらくは録画をちょっとづつ観直して幸せな1ヶ月の余韻にひたるつもりです。
[PR]
by minnieiko | 2010-07-12 23:41 | サッカー | Comments(2)

ジュールリメはスペインへ

スペイン 1×0 オランダ
今日はもちろん早起きしてリアルタイム観戦です。
前半、ボールを支配したのはスペイン、試合を支配したのはオランダ。オランダはスペインの攻撃をきっちり封じてカウンター狙うも、ロッペンがボールを持てば必ず2枚がついて仕事をさせないという展開。
後半、攻撃のスピードをあげるスペイン、それでも守るオランダ。イエローでるでる。守るだけじゃないオランダ、でもカシーリャスがゴールを割らせない。そしてスコアレスのまま延長へ。
延長に入っても攻めるスペインと守るオランダという構図は変わらず、しかし延長後半が始まってすぐにイエロー連発のオランダ最終ラインがひとり退場。そしてイニエスタのゴール!
スペインのパスサッカーがとうとう世界の頂点にたちました。攻撃を支える守備も堅かった。大会を通してカシーリャスのセービングには何度も唸りました。
毎回、表彰式で優勝チームがジュールリメ杯を掲げるときにうるっときます。
1ヶ月本当に楽しかった。そして、これでサッカー三昧の幸せはお終いです。また4年後に。
[PR]
by minnieiko | 2010-07-12 06:28 | サッカー | Comments(2)

フォルラン!

ウルグアイ 2×3 ドイツ
観られなくて本当に、本当に残念でした。
NHKでハイライトだけ観ましたが、失うものがない同士だとこうゆう戦いになるんですよね。「たら」「れば」は言っても詮ないことですが、フォルラン、あの最後のFKが決まってれば…。延長戦で結果はどうなってたか。そして得点王も。
で、試合後のインタビューがまたかっこよかった。
「多くのサポーターに囲まれ幸せだった。7試合も戦えて楽しかったよ」
負けてもベストをつくした人の笑顔、いいですね。
[PR]
by minnieiko | 2010-07-11 09:43 | サッカー | Comments(0)

良い人材とは

適材適所とよく言いますが、適材かどうかを決めるのは上司の度量じゃないかと思う今日このごろ。本人の素養と実力が7割、でも3割は上司が適切なコーチングをできるかどうか。この3割の差が社会人としての成功を分けるような気がします。
わたしが勤める会社は急激な組織拡大の真っ最中。もちろん誰でもいいってワケではなく、学歴と職歴(前職での成果)を加味し、優秀な人材だけを採用しているはず。異業種でもトップクラスの営業マンだった人は概して頭がいいし、それなりに仕事をこなします。でもその先は…。管理職のみなさんのコーチングを小耳にはさむたび、なるほどーと唸ったり、そりゃないでしょと思ったり。そして適材適所を考えるわけです。

万年平社員のわたしの下にも派遣スタッフを一人増やしてもらいました。職歴が物語るポテンシャルの持ち主です。でも、彼女は期間限定の臨時採用。お願いできる仕事が限られてる。
こんな状況で、わたしは彼女の素養を生かしてあげられるかしら。
既存のスタッフ2人を含め、みんなが楽しく働けるように、と思ってるだけじゃチームとしての成長はないですよね。自問自答の日々は続きます。
[PR]
by minnieiko | 2010-07-10 09:27 | ひとりごと | Comments(0)