Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

雨の日のギャラリー

トビウオさんにお誘いいただいて笠松のギャラリー睦月へ出かけました。
睦月には魅力的な着物、帯、小物がいっぱい。薄手のコートは思わずお値段を確認してしまったくらい魅力的でした。でも、先週と昨日、続けざまに予定外の買い物をしてしまい、先生宅で着物2枚分のお仕立て代をお渡ししたあとでは、どうがんばっても予算が捻出できません。美味しいケーキとコーヒーをごちそうになり、ゆったりとおしゃべりをさせていただいてギャラリーを後にすることに。
c0222415_23262465.jpgc0222415_23264934.jpg
c0222415_23273096.jpg
帰りは話をしてるうちに高速にのりそびれ、引き返してのったら大渋滞。わたしを送らなければ別の選択肢もあったのに申し訳なかったです。でもおかげでとりとめない話がたっぷりできて、楽しい休日になりました。ご縁はいろんなところで繋がってるんだなぁ、としみじみ。トビウオさん、ありがとうございました。
[PR]
by minnieiko | 2011-10-30 23:31 | 旅はつれづれ | Comments(0)

痛恨のダブルブッキング

アナログ人間なので予定は手帳に書き留めてスケジュール管理してます。恥ずかしながら、それでも年に何回かあり得ない失敗が。
昨夜、『名古屋スィーツマラソン』にネットでエントリーしました。来年の3月にフルマラソンを走るにあたり、練習として一度はタイムを競う大会に参加しておきたい。そろそろ具体的に決めようと検索してみつけたのがこの大会です。1月29日、手帳でこの日の予定が空欄なのを確認して申し込みました。
ところが、今日、篠笛のお稽古のあとで和裁の先生宅へお願いする反物を持っていき、その後友人の車で笠松のギャラリーへ向かう途中で気付きました。

この日は篠笛の発表会なんです。

ばか、ばか、わたしのばか。手帳にはお稽古の日が全部書きこんであるのに、本番の日が書いてなかったの。当然ながらお稽古では発表会の話があり、先生宅ではこの日が初舞台なんです~なんて話をしたのに、全く気付かず。道中、友人にスィーツマラソンの話をしようとして「あー、やってしまった…」と(泣)
発表会のことはもういろんな友人に話てるし、エントリーしたレースは所詮練習なのでマラソンを諦めるしかありません。でも規程で参加費は返金されず、他の大会に変更することもできない。痛い勉強料です。
[PR]
by minnieiko | 2011-10-30 23:13 | ココロとカラダ | Comments(2)

柄八掛けの無地紬

10月も末だというのに昨日の名古屋は夏日、着るものに悩みました。夜は吞み会でしたがその前に展示会へ行く予定があって古着を着る気にはなれず、こんなコーデに。
c0222415_2344329.jpg
着物は母が嫁入りごしらえに用意してくれてた反物を、着物を着るようになってから仕立てに出したものです。微妙なグラデーションが入った無地、八掛けにこだわりました。臙脂にベージュとサーモンピンクの花柄が入っています。帯は渡文の真綿紬。出かける直前に帯締めを薄い黄色のに替えました。
[PR]
by minnieiko | 2011-10-30 23:07 | 着物 | Comments(2)

母のタイシルク

母は幼少のころから着物が好きだったようですが、一番ハマってたのは娘たちの嫁入り支度を整えてたころじゃないかと思います。洋裁も得意で自分のものにはお金をかけず、フェイクレザーで帯を作ったりしてました。
昭和が平成に変わって間もないころのこと。わたしがタイへ旅行するときお土産にと頼まれたのは着物に仕立てるタイシルクの生地でした。柄ものでも無地でもいいから『銀鼠色』の生地を買ってきて。ギンネズってどんな色と聞いたら、ブルーとグレーの中間色だよ、わかりやすい答えです。着物に全く興味なかったわたしは、おかあさんが気にいらなかったら自分のワンピースを縫ってもらおうと、花柄の生地を選びました。
母は喜びましたが八掛けが難しい、と。着物にはない色だからとずいぶん探したようです。ところが、翌年、交通事故にあって杖なしでは生活できない身体となった母は着物生活からもだんだん遠ざかっていったのでした。

1周忌が済んだあと、未仕立ての反物を入れてある引き出しからこの生地をみつけました。すぐにあの時のだと気付き、これはちゃんと着物にしなくちゃと思った次第です。お仕立ては和裁の先生にお願いしましたが、八掛け選びは本当に難しかった。いつの間にかわたしは当時の母と同じ年代になっています。
c0222415_21175461.jpgc0222415_10413772.jpg
偶然ですが、合わせた帯、帯揚げ、帯締め、草履、どれも母がわたしのために用意してくれたもの。帯揚げは白とびしてますがグレーからピンクのグラデーションで控えめな金糸の刺繍が入ってます。
[PR]
by minnieiko | 2011-10-26 21:22 | 着物 | Comments(4)

名古屋めし

昨夜の宴席は大須のやぶ屋で名古屋名物料理のコースでした。
赤味噌鍋/味噌カツ
c0222415_945675.jpgc0222415_9452867.jpg
手羽先/ひつまぶしロール(これ名古屋名物?笑)
c0222415_946183.jpgc0222415_9462773.jpg
海老フライ/小倉トースト
c0222415_9465274.jpgc0222415_9472575.jpg
「鍋の〆はご飯にしますか、きしめんにしますか?」との確認に「ご飯~」と返事した小さな声はあっさりスルーされました(笑)。きしめんも美味しかったですよ。
c0222415_9475214.jpg

[PR]
by minnieiko | 2011-10-23 09:49 | 食いしん坊 | Comments(6)

こだまさんの久留米

木綿展で宮崎から出店中の染織こだまさんを囲んで一席。お酒の席へ着ていくのは基本『洗える』ものです。昨年の木綿展でもとめた久留米を着ていきました。先生に柄合わせをお願いし自分で縫った着物。機械織りですが、だからこそのロープライスで気楽に着られます。
帯は裂織の半幅、ヲジマヤさんが隔年で開いてるあざみ織展でもとめました。
c0222415_9395965.jpgc0222415_9401871.jpg

[PR]
by minnieiko | 2011-10-23 09:42 | 着物 | Comments(2)

盛装をカジュアルダウン

海外なら間違いなく盛装して出かける演奏会でも、名古屋はカジュアルな服装の人がほとんどです。それは文化的にすごく寂しいことだと思うけど、盛装して浮いちゃうのはかなしい。一緒にいる人が居心地悪くなるから。

c0222415_23171051.jpgc0222415_23174458.jpg
迷いに迷って選んだのは母が誂えてくれた付け下げです。金糸の入った袋帯にすれば結婚式にも着られる格式ですが、帯次第でカジュアルダウンできるすぐれもの。八掛けはくすんだピンクです。二十歳そこそこの頃に誂えてもらったものなのに、倍以上の年齢になっても違和感がない。これは着物ならではですね。
帯は錦秋の山河を織り込んだ洒落袋帯。未仕立てのままでしたが、うまこさんのHPを参考に垂れ先を折って名古屋帯風に加工してあります。
襦袢は3年くらい迷ってこの春ようやく誂えた2枚目の一衣舎。仕立ておろしでした。細部まで寸法に拘って誂えただけあって申し分ない着心地です。
[PR]
by minnieiko | 2011-10-17 23:21 | 着物 | Comments(0)

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

10年ぶりに名古屋へやってきたウィーンフィル。ご縁があって出かけることになりました。
c0222415_2301088.jpg
わたし、ランランというピアニストを知らなかったんですが、リストを弾くならこの人ってくらい有名なんだそうです。艶やかで迫力ある演奏でした。全く期待してなかったのでなんだか得した気分です。このソリストにアンコールが2曲、コンソレーション第2番とラ・カンパネラ。リスト3曲でもうお腹いっぱいって感じでした。
シューベルト『未完成』の後でオーケストラのアンコールはなんだろうと思ってたら、繰り返し鳴りやまない拍手のあとにハープやシンバルの奏者が舞台に出てきて…。最初の1小節で「(おぉぉぉ!!!)」と心の中で歓声あげました。客席のほとんどがそうだたんじゃないかな。空気が変わりましたもん。
『美しく青きドナウ』です。
演目すべての演奏がすばらしかったけど、アンコールが一番楽しかった。やっぱウィーンフィルは華やかでなくっちゃね♪
[PR]
by minnieiko | 2011-10-17 23:02 | No Music, No Life | Comments(0)

名古屋グランパス 4×1 ガンバ大阪

<アカイ大作戦>
Mission:スタジアムヲアカクソメロ
c0222415_22242191.jpg
今日負けたら優勝はない、引き分けさえ許されない試合。ピッチから赤い気迫が伝わり、雨の中で赤く染まったスタジアム全体が後押しする、そんなゲームでした。得点は直志と淳吾が2点づつ。どれも痺れるゴールで気持ちいい快勝です。
ガンバ相手にこういう戦いができるならなぜアウスタで…、いやいや、済んだことを言うのはやめましょう。まだガンバが1位だし、明日柏が勝てばさらに上。ウチは残り5試合を全部きっちり勝つしかありません。
[PR]
by minnieiko | 2011-10-15 22:25 | サッカー | Comments(4)

名古屋グランパス 6×0 FC鈴鹿ランポーレ

ランポーレは三重県代表。天皇杯の初戦では何度も辛酸をなめてるので決して侮れない相手です。とは言えシーズン最高に重要な試合を土曜日に控え、主力は温存させたい。
今日の先発はGK:高木、DF:隼磨、千代反田、新井、三都主、MF:吉村、田口、ブルゾ、橋本、夢生、FW:永井。いいじゃ~ん! 
サテライト・リーグがないうえに今年はナビスコも準決勝からの出場で、真剣勝負の機会がほとんどなかった若手には絶好のチャンスです。後半、隼磨、夢生、永井を下げて交代したのは輝希、松尾、玉田。これもおもしろい。個人的には玉田じゃなくて久場を見たかったけど、大一番を控え故障あけの体調が確認できました。
1人少ない格下のチーム相手に後半は攻めあぐねて、不満も不安もありますが、見たかった選手たちのプレーを観られたので今日はこれでよしとしましょう。輝希はいいね。リーグ戦は若手にチャンスをあげる余裕ないから、次の天皇杯三回戦でまた使ってもらいたいです。
c0222415_23461751.jpg

[PR]
by minnieiko | 2011-10-12 23:48 | サッカー | Comments(0)