Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

和食に合うワイン

丹波ワインの創業者は元電気屋さん。ヨーロッパで呑んだワインを日本に持ち帰ってみると旅先ほどおいしくない、なぜだろう。合わせる食事が違うからだと気付き、和食に合うワインがほしいと、畑づくりから始めたそうです。
ワイナリー見学の後は、併設のレストランでお食事。でも、正直、試飲のあとでちょっと気分がしぼんだんです。いただいた3種、新酒は飲みやすくておいしかったけど、白は樽の香りがたち過ぎる気がしたし、赤はわたし好みの熟成度に足りなかったから。
ところがレストランでいただいたお料理とのマリアージュがすばらしかった!
2皿目の前菜、盛り合わせ左上の四角いのは秋刀魚とジャガイモのテリーヌ柚子ソースかけです。もろ『和』の味付け。これに試飲でイマイチと思った白がぴったりマッチ。実に新鮮な驚きでした。なるほど、和食に合うってこうゆうことなのね。丹波の地野菜や地鳥を使ったお料理とワインを堪能させていただきました。
c0222415_10171344.jpgc0222415_10161758.jpg
c0222415_10104275.jpgc0222415_10113937.jpg
c0222415_10183953.jpg
デセールはフロマージュに替えてもらいました
           いただいたワインはすべて「丹波鳥居野」ロットナンバー入りです
c0222415_10125627.jpg
食事のあとはワインに合う食品や食材も扱う併設のショップでときめきのお買い物タイムとなりました。
[PR]
by minnieiko | 2012-11-25 10:21 | 食いしん坊 | Comments(2)

名古屋グランパス 1×2 鹿島アントラーズ

負けました。
これが今年の名古屋の実力。
まだ他力本願によるACLへの望みはつながってるし、天皇杯も残ってるけど、終わった感を覚える試合内容でした。ホーム最終戦なので今さらネガティブなことは書きません。今日、スタジアムで来年のシーズンチケットの申し込みも済ませたし、残りの試合もきっちりサポートしていきます。
c0222415_21523265.jpg

[PR]
by minnieiko | 2012-11-24 21:53 | サッカー | Comments(2)

大人の遠足

昨日は京都の丹波ワイナリーへ出かけました。
c0222415_10281396.jpg

圧搾機など機械の説明をきき、何種類もの葡萄を栽培する畑をみせていただいた後は
c0222415_10294167.jpgc0222415_102976.jpg
工場内を見学、そして楽しい試飲タイム
c0222415_10303679.jpgc0222415_1030599.jpg
ワインには水や添加物を加えないので出来の9割は葡萄で決まる。「ワイン造りは農業です」とのこと。このワイナリーの畑で採れる葡萄だけで造ったワインは生産量が限られていて、ラベルに畑の名前とロットナンバーが入っています。
[PR]
by minnieiko | 2012-11-24 10:35 | 旅はつれづれ | Comments(0)

6年目

名古屋の二大看板、監督とGMの契約更新が決まり一安心です。
11月は来期戦力外の選手が白紙の更新通知を受け取る季節。個の力に頼るミスターのサッカーの限界を見せつけられた感がある今年は実に不安な秋の日々を送ってました。最終節がミスターのサヨナラセレモニーになったらどうしよう…と思って。
わたしはドラガン・ストイコビッチのプレーでサッカーの楽しさを知りました。瑞穂で、長良川で、国立で、鳥肌たつようなプレーを何度目にしたことか。名選手が必ずしも名監督でないことは百も承知、彼の監督としての資質を疑問視する声も聞くけれど、選手としても監督としてもピクシー以上に楽しいサッカーをみせてくれた人はいないでしょ、名古屋には。
そしてチームの屋台骨とも言えるGM、久米さんが残ってくれて本当によかった。
c0222415_9562082.jpg
ピクシー体制6年目の来季はどんなサッカーをみせてくれるでしょうね。今から楽しみです。
おっとその前に今シーズンのラスト2試合、今日と来週、きっちり勝ってACLいかないと!
[PR]
by minnieiko | 2012-11-24 09:57 | サッカー | Comments(2)

見切り発車

かれこれ3週間も病んでます。今週初めにはよくなってたんですが、急に寒くなった木曜日あたりからまた咳がゴホゴホ。今年の風邪は本当にしつこい。
今日は朝から雨。Jリーグは残り3試合、楽しみにしてた守護神の500試合記念ゲームでしたが、雨の中で応援できる体調ではなく、遠征を断念しました。一番近いアウェイの磐田へ行かないのは10年ぶりくらいです。それでもグランパスがきっちり勝ってくれてよかった。
代りに出かけたのは近所のスポーツクラブ。休めば休むほどパフォーマンス戻すのにかかる期間が加速度的に長くなります。3週間はもう限界。ここからでも戻すのに1ヶ月半はかかると思うから見切り発車もいたしかたなしってとこです。でも当然ながらいつものトレーニングするパワーはなく、60分のエアロビクスと呼吸で身体を整えるヨガだけであがりました。今の体調じゃこれがいっぱいいっぱいです。じんわり汗ばむ程度の運動量だけど、無理したらまた怪我しそうだもん。
[PR]
by minnieiko | 2012-11-17 19:48 | ココロとカラダ | Comments(0)

雨の日の着物、履物と傘

雨の日はよほど大切な日じゃないかぎり濡れてもいい着物にします。この時期はもっぱらウール。
先月末、落語を聞きに行ったときは、よろけ縦のウールに海外ブランドのマークみたいな織り模様の入った帯を合わせました。
c0222415_22481641.jpg
昨日は洋服地で作ったチェック(洋服地なのであえて格子とは言いません)の着物にポリの帯。帯揚げ、帯締め、帯留めは連続で同じもの。写真を並べると手抜きがわかって恥ずかしいですね。
c0222415_2249499.jpg
さて、雨の日用の履物と言えばつま先に透明のカバーが付いた草履や爪皮付き日和下駄が主流ですが、カバー付きぞうりは湿気でカバーが曇るし、日和下駄は転びそうで怖い。雨の日はそんな上等の着物を着ることまずないので、最近はもっぱら2枚歯の下駄に取り外し可能なビニールの爪皮を付けてます。
そして傘はもちろん和傘、と言いたいところですが、わたしがこの傘で出かけるのは小雨のときだけ。和傘は竹の骨に和紙を貼り、雨をはじくよう油が引いてあります。つまり、濡れると重くなり、傘からしたたり落ちる滴は油染みをつくります。正直、降りそうで降らない時にだけ持ちたいところ。昨日の帰りは思いがけず本降りとなってしまい、片手に食料品のエコバックとお稽古道具、片手にずっしり重くなった傘で滴を気にしながら歩くことになってしまいました。
無事帰宅して傘を畳んだとたん足袋に滴がぽたり。お風呂場で傘を乾かそうとして着物の肩口にもぽたぽた。がっかり。でも、こんなときでもウールなら大丈夫。すぐにエマールでお洗濯しましたよ。
[PR]
by minnieiko | 2012-11-12 22:52 | 着物 | Comments(2)

できることをひとつずつ

今週は楽しみにしてた予定をことごとくキャンセルせずにいられない体調でした。本当に凹みまくり。一番の楽しみが今日だったわけですが…、いや、もう愚痴はやめましょう。
家に引きこもってても暗くなる一方なので篠笛のお稽古に出かけました。行けないはずだったお稽古に行ける。”Think positive, do active.”が生活信条です。前向きに考えないとね。しかし、相変わらず思うような音は出せずで、こちらも悶々。マラソンも篠笛も練習を重ねるしかないってことです。
c0222415_16564047.jpg
お稽古の後はお約束のウオダイで食料品をたっぷり買い込みました。こちらに冷蔵庫の野菜を加えて、来週は週の半分くらいがお稽古仲間のはごろもさんと同じメニューになりそうです。ヒレ肉は用途別に切り分けて冷凍庫へ直行。今夜は、にんじん、ピーマン、白菜、しいたけを炒めて肉団子を合わせる簡単八宝菜です。
[PR]
by minnieiko | 2012-11-11 17:02 | 食いしん坊 | Comments(6)

がんばれ!

誰が読むかわからないネットでネガティブなこと書くのはよくないと重々承知してますが、今は気持ちが真後ろ向いてるのでお許しを。
走りたかった…
医者の言ったとおり、咳は治まったけどとても走れる体調ではなく、ましてや2週間も全くトレーニングできなかった状態では、今日、いびがわマラソンに出てたとしても完走は無理でした。
それでもやっぱり走りたかった。こんなに後悔するくらいならスタートラインに立てばよかった、途中まででも走ればよかった、と朝から悶々。
外はどんより曇り空。スタートくらいに雨が降りだすのかな。すでに現地へ着いているであろうあの人この人の顔を思い浮かべ、心の中で声援を送ります。
[PR]
by minnieiko | 2012-11-11 08:48 | ココロとカラダ | Comments(2)

またしてもドクターストップ

先週水曜日の明け方から悪寒がして身体の節々が痛かった。変だなぁと思いつつ無理して仕事を片付け、帰宅して熱を測ったら37.5度。平熱が35.5~36度のわたしには高熱です。解熱剤のんで休んだら翌朝には平熱に戻ったけど、そこから本格的な風邪の症状に。咳が止まらず腹膜が痛いほど。
週末には医者へ行って抗生剤も処方してもらったのに効果なしで、かれこれ1週間も病んでます。さすがに風邪じゃないかもと不安になり、今日、別の病院で診てもらいました。この薬が効かないはずないんだけどな…と医者も首かしげてましたが、レントゲンでも肺炎の所見は認められず、薬を替えて様子をみることになりました。で、どうしても聞いておきたかったこと。
「週末にフルマラソン走りたいんですけど間に合うでしょうか」
「無理です。この1週間で体力も心肺機能もかなり落ちてるはずですから。体重減ってませんか」
「1Kgくらい(本当は2Kg減ったけどベスト体重より1Kgオーバーだったから頭の中で自動変換)」
「たとえ週末までに咳が止まっても今の状態でフルを走るのは身体に負担がかかり過ぎます」
内科医の方が整形外科医より言うことストレートですね。ここまではっきり言われたら諦めるしかないのかな? やっぱり? ゴールしたとたん心肺停止とかになったらシャレにならないしね。
それにしても凹むわ。なんでわたしは大事な時に怪我や病気をするんでしょ。
[PR]
by minnieiko | 2012-11-06 20:46 | ココロとカラダ | Comments(8)