Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

似てる、かな?

昨日、久しぶりに大須の骨董市へでかけました。友人にメールしたらコメ兵にいるというので、境内の露店をスルーして着物館で合流。そして、つい…
似てるの持ってるって自覚はあったんです。自分で縫う反物ストックは増やさないって堅い決意もありました。なのに、つい…
c0222415_20435277.jpg
上は和裁を習って数年目に仕立てた着物、下が昨日買った反物。やっぱり似てるかな?
阿波しじらは織りに凹凸がある木綿です。さらっとして肌にくっつかず、洗濯してもアイロンがけは不要。普段着にもってこいの素材だと思います。もともと高価なものではないのにコメ兵価格で、昨日はそこからさらに2割引き。「これは買いでしょ」という友人の言葉に背中を押され、レジに並びました。
いつかきっと着物にします。いつかはわからないけど。
[PR]
by minnieiko | 2013-07-29 20:47 | 着物 | Comments(6)

今年最初の郡上

仕事を定時であがって郡上へ出かけました。円頓寺や青山へは行ってるけど、やっぱり郡上で踊りたい。
道すがら空がどんどん曇って、高速のトンネル抜けたら雨! 去年初めて郡上へ行ったときもこんなお天気で、浴衣のままプールへ飛び込んだような状態で踊りました。昨日も土砂降りかと思いましたが、数曲の間降られただけで楽しく踊ることができました。
c0222415_9295880.jpg
平日なので踊りの輪もこじんまり。人波に流されるような徹夜踊りも楽しいけれど、わたしはこれくらいの規模の方が好き。参加者が見渡せる輪は落ち付きます。郡上踊りのお囃子にはどこか哀愁があって、山の上でライトアップされたお城に手をかざしながら踊る『かわさき』に風情を感じました。今年はあと何回行けるかな。
[PR]
by minnieiko | 2013-07-27 09:31 | No Music, No Life | Comments(2)

グランパスOB戦

このメンバー見ただけで懐かしくて涙が出そう。
c0222415_22333889.png
月曜日、アーセナル戦の前にクラブ史上初のOB戦が行われました。なんでもっと早く告知してれないのか、チケ発売時にわかってたらもっといい席にしたのに、と地団太踏んだわたしはアーセナル戦よりこちらのゲームが楽しみでした。なんせもう20年もグラサポやってますから。サポじゃなければそれ誰?って選手でもわたしにとってはヒーローばかり。OB戦を観るために午後休とりましたとも!
みなさんアラフォー以上の世代となり、すっかりオジサン体型になった方もいらっしゃいますが(ウチの監督ね 苦笑)、動きは鈍くてもプレースタイルが現役時代と変わらないってとこがうれしい。ゴリさんは相変わらず泥臭く、オカはピクシーのパスがあまりにピンポイントでびっくりして外す。小川の守備は堅実で飯島は…(あと略)。そして大好きだったシゲは毒舌が今も変わらない。この日試合に出た選手のほとんどが現在は指導者として活躍しています。わたしは当時の応援歌を口ずさみつつ、しみじみと幸せなひとときでした。
c0222415_22343167.jpg

[PR]
by minnieiko | 2013-07-25 22:36 | サッカー | Comments(0)

名古屋グランパス 1×3 アーセナルFC

月曜のナイト・ゲームに観客数43,000近く。トヨタスタジアムの集客記録を更新したそうです。アーセナルって日本代表より人気あるのね。わたし、プレミアには特に興味ないけどグランパスの試合はとりあえず観ておきたい。アーセナルが好きな甥っ子が行きたいと言うので一緒に出かけました。
正直、楽かったのはアーセナルが本気でやってくれた最初の30分くらいです。素直に美しいサッカーに感動できたから。ワールドカップで強豪国の試合を観るのと同じですね。でも手加減されちゃ楽しさ半減。親善試合なので仕方ないとはいえ、手加減されてると思えてしまったことが悔しいです。
恥ずかしながらレベルが違いすぎました。それはもう試合前の練習見ただけでわかるくらいに。パスの早さ、正確さ、そして絶妙のポジショニングとタフなフィジカル、何をとってもすべての選手が一枚上手。名古屋で互せるのは正剛、闘莉王、ダニルソンぐらいじゃないかな。3年前のグランパスならもっと楽しい試合になったでしょうけど、今のチームでは…。
それでも今日試合に出た選手は勉強になったはず。アーセナルのサッカーはまんま名古屋がやりたいサッカーだから。ベンチ入りした選手全員をピッチに送り出した監督の意図はそこにあったと思いたいです。
c0222415_138958.jpg

[PR]
by minnieiko | 2013-07-23 00:36 | サッカー | Comments(0)

名古屋グランパス 3×2 サガン鳥栖

c0222415_8313045.jpg
とてもよろこべる内容ではなかったけど、今はとにかく勝点3が大事。リーグ戦再開後、清水に勝ったあと得意の大宮に逆転負け、昨日負けてたらまた負のスパイラルに落ち込みかねなかったチーム状態です。どんな内容でも勝利を重ねることでチームの雰囲気は上向きになるだろうし、応援する側も納得します。ここが正念場。次節は最下位の大分にきっちり勝っておきましょう。
[PR]
by minnieiko | 2013-07-14 08:31 | サッカー | Comments(0)

雪輪の絽小紋、帯を替えて

大相撲へは歌舞伎座と同じ雪輪の絽小紋で出かけました。帯は母が誂えてくれた開き名古屋。金糸銀糸の入った夏場の正装用帯です。秋草の帯揚げと揃いの帯締め、金鷲の草履も母が用意してくれてたもの。草履はちぐさで鼻緒を変えてもらいました。
c0222415_8495481.jpg
夏場の着物はほとんど拷問。柄や素材で涼感を出すのがお洒落だけど、帯を締めるという構造上、涼しい着物なんてあり得ないんです。この日、家を出たのは14時ごろ。天気予報では最高気温36度でしたがアスファルトの照り返しがある街中はもっと暑かったと思います。マジで辛かった。
よそゆきの絽小紋、1シーズン2回着たからもうこれで十分。さっさとお手入れに出します。
[PR]
by minnieiko | 2013-07-13 08:50 | 着物 | Comments(2)

大相撲

人間いくつになっても『初めて』ってあるものです。今日は名古屋場所の初日、生まれて初めて大相撲をライブで観ました。特に相撲が好きってわけではないんですが、思いがけないところからお声かけいただきました。ありがたいご縁です。
あたりまえだけど、テレビで見るのとは全然違う。力士の気合いが伝わって思わず拳を握り締めたり、地元出身の力士に声援おくったり。相撲は格闘技なんだと再認識しました。
c0222415_2344044.jpg
幕内の土俵入り。総合テレビの中継が始まるのはこのあたりからでしょうか。
c0222415_234072.jpg
結びの一番、白鵬に力水をつける稀勢の里。ピリピリ感は画像じゃ伝わりませんね。スポーツもアートもライブが一番。大相撲、また観にいきたいです!
[PR]
by minnieiko | 2013-07-07 23:04 | ひとりごと | Comments(0)

名古屋グランパス 2×1 清水エスパルス

リーグ戦5連敗と最悪の状態で中断期間に入ったグランパス、久しぶりの、そしてとても大きな勝利です。嬉しいよりもほっとした感が強い。今日負ければ降格圏内の可能性があり、監督の進退問題になるんじゃないかと思ってたから。
開始9分に小川のゴールで先制したもののすぐ追いつかれ、そこからは清水ペースの試合展開。しかもミスからピンチを招くの繰り返しでした。後半は何度もチャンスをつくるのに決められず、清水の堅い守りにもはばまれ、フラストレーション溜まって応援する声も裏返ります。そして最後の最後に決めたのはまたしても小川、10番らしい働きをしてくれました。
挨拶に来た選手の表情もやわらかい。
c0222415_23374297.jpg
c0222415_23372023.jpgc0222415_23383230.jpg
ピクシーが選手の挨拶が終わるまでピッチで待っててひとりひとりを労うのって初めて見た気がします。そしてゴール裏に向かって深々と一礼。それくらい大切な試合だったんだよね、今日は。勝てて本当によかった。
[PR]
by minnieiko | 2013-07-06 23:41 | サッカー | Comments(2)

雪輪の絽小紋と浴衣たち

根っからの貧乏性です。夏物は汗染みが心配なので自分で洗えない着物は1度でも袖を通したら悉皆に出すんですが、それがもったいなくてつい洗える素材や古着を選んでしまう。
先週末はせっかく歌舞伎座へ行くんだからいい着物を着ようと雪輪の絽小紋を選びました。c0222415_2271971.jpgc0222415_228224.jpg
着物を着るようになったばかりのころ誂えたものですが、“もったいない”が先走りもう5~6年袖を通していませんでした。今年は他にもいい着物でお出かけしたいイベントがあり、2度着れば悉皆代も惜しくないって算段です。
帯も着始めたころに誂えたもの。実はこの裏が日本代表帯です。もったいないと思いつつ青い夏帯はこれ1本しか持ってなくて土台にする選択肢が他にありませんでした。裏の方は何度か締めましたが表はこっち。ちゃんと使わないとそれこそもったいないですね。
c0222415_2281691.jpg
郡上踊りは汗だくになるので浴衣は2枚用意しました。土曜日は伝統柄を、日曜日は寄席へ行ってからなので襟をつけて着物風に着られるのにしました。
[PR]
by minnieiko | 2013-07-05 22:11 | 着物 | Comments(2)

歌舞伎、呑み、そして寄席

せっかく東京へ行くんだからといろいろ欲張りました。
c0222415_0312440.jpg
まずは歌舞伎座の杮葺落し公演。千秋楽を狙ったわけじゃなく、郡上踊りの日が千秋楽だったんです。この建物の前に立っただけでテンション↑↑。早起きする甲斐があるってもんです。
c0222415_0312542.jpg
華やかな演目が並ぶ杮葺落し、鞘当では何度も≪なかむらや!≫と心の中で大向こうやってました(歌舞伎座で声を出す勇気はない)。俊寛は能と文楽で観てます。いや、能は2/3くらい意識がなかった(夢の世界(--;;)ですが、文楽に心動かされたので期待大でした。う~ん…当然ですが歌舞伎と文楽じゃ演出が違う。悲劇なのにカラッと華やかで別のお話みたいでした。
c0222415_0322448.jpg
郡上踊りのあとはアメリカ留学時代の仲間と呑みました。FBで声かけて集まったのは12人。四半世紀を経ていろんな経験を重ね、みんないい大人になってます。
c0222415_0321935.jpg
そして日曜日は寄席。新宿の末広亭へいきました。取りを務めるのは10年くらい前に鈴本演芸場できいた川柳さん。82歳におなりだそうですが実にパワフルです。江戸の寄席は落語が多くて楽しいですね。長唄漫談もおもしろかった。長唄の替え歌がわかるのは笛のお稽古のおかげかな。そこで笑えた自分にちょっとびっり、そしてうれしかった。
興味あることに躊躇せずチャレンジしていくと、それが意外なところでリンクしていくんですね。郡上踊りをきっかけに楽しい週末になりました。
[PR]
by minnieiko | 2013-07-04 00:34 | 旅はつれづれ | Comments(2)