人気ブログランキング |

Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉

長い故障明けの復帰初戦、17時間3107秒で完歩しました。

以下は備忘録、長文です。

友人からお誘いがあったのは4月末、難治骨折の発覚から1ヶ月でまだ治癒の見込みがたっていない時期でした。このまま偽関節になったらもう長距離を走るのは厳しいなと悶々としてたので、誘われたことが素直にうれしかった。治るとしても練習再開の目途がたたないし、練習再開したっていきなり長距離のトレイルは無理だろうと冷静に判断するものの、去年DNFしたコースに再チャレンジしたい気持ちを捨てきれず返事を保留。52日のレントゲンで仮骨形成が進んでることが確認され、時間はかかるが治療を続ければ完治するでしょうと診断されて、完走できなくても野沢を走ろうと決めました。

練習再開は5月中旬。骨折してたって痛いのを我慢すれば走れることは実証済みなので、レースの日から逆算し、自己判断で見切り発車しました。ところが7m/kでも数キロで息が上がり、折れたところより先に太腿やお尻が痛くなる。トレーニングしなかったら筋力も持久力も低下するって当たり前のことを痛感する日々でした。結局、正味1ヶ月半の練習期間で30k以上のロング走は1度もできず、トレイルは猿投と京都ラウンドの一部を走っただけで本番を迎えることに。でも、今の自分にできるだけの練習はやった。装備も整えた。あとはレースを楽しんで行けるとこまでがんばろうと開き直りました。

4100Dマウンテントレイル野沢温泉は3セクションに分かれていて、スタート地点へ2回戻ってくるコースになっています。つまり途中リタイヤしやすいコース。そして制限時間が18時間と長いので、故障明けにチャレンジする人にはハードルが低いです。

当日は終日雨の予報でしたが、日中は曇りときどき小雨という走るには絶好のコンディションになりました。

セクション123k。温泉街を走ってから山へ入り、毛無山の山頂へ行って戻るコースです。『ゆっくり、行けるとこまで』が目標なのでここは問題なくクリア。炎天下だった去年より1時間遅いタイムでした。

セクション214k。去年はこの途中で熱中症になり、セクション1でつくった貯金を使い果たして制限時間ぎりぎりでセクション3に入りました。今年は体力不足でくたくたでしたが、制限時間45分前にスタート地点へ戻れました。去年のような最悪の体調でもありません。今の体力ならセクション2をクリアできれば上出来と思ってましたが、こうなると完走したいって欲が出ます。食料をたっぷり補給して装備を整え、今年も友人と一緒にセクション3に入りました。

セクション3は約30k5k行かないうちに降り始めた雨はどんどん雨足を強めます。早めにレインジャケットを着て友人の後ろを歩いてましたが、セクション2ですでに足を使い切ってるので着いていけず先に行ってもらうことに。じきに日が落ちて暗くなりました。ここからは自分との戦いです。

山頂付近の最終関門に着いたのは制限時間の2時間前。降り続く雨で低体温症になり、サバイバルシートに包まって救護を待ってる人が何人もいました。わたしはそこまで寒さを感じていませんでしたが、時間にまだ余裕があったので用意してきたウエアに着替えることに。上は長袖シャツにウインドブレーカーを重ねザックを背負った上からレインウエアを着て、下はアンダーウエアの上にレインパンツをはきました。自分の体が冷え切っていたことに気付いたのは着替えて外に出てから。ゴールへたどり着けたのはここのエイドでしっかり食べて着替えたからだと思います。

あとは下るだけと思ったこのコース、わたしにはここからが難関でした。雨のぼっちナイト・トレイルはもう2度と走り(歩き)たくありません。雨の夜の森は漆黒。見えるのは身に着けている2つのライトが照らす範囲だけ。聞こえるのはレインウエアを打つ雨の音と熊鈴が聞こえないほどゴウゴウと流れる川の音だけ。どぶ板を渡したような橋が何か所もあり、橋の手前は多くのランナーが立ち止ったせいか深い泥濘になっています。ここで滑って川へ落ちたら数日後に千曲川で発見されるんだろうなと背筋が寒くなります。恐怖以外のなにものでもない。前にも後ろにも他のランナーの明かりはなく、熊が出てきても逃げる体力はありません。大きな声で歌を歌いながら歩きました。

声を出すパワーすらなくたったころようやくアスファルトの道に出てどれだけほっとしたことか。自分の時計で残り56k。あとは左右の足をかわりばんこに前へ出していけばゴールにたどり着けると思ってたら再度トレイルへの指示。雨じゃなければ、明るければ、体力が残ってれば、ガンガンとばして走れるトレイルのはずです。でも足を前に出すのがやっとの状態で夜の雨。何度も転倒し、たった1kのトレイルを抜けるのに30分近くかかりました。温泉街へ入ってからはポールを杖かわりに11歩と前へ進みます。

7時にスタートし、ゴールしたのは日付が変わった03165kコースは実測67kくらいと聞きましたが、夜間のぼっちランで確認のため何度も戻ったせいか、わたしのガーミンでは69.23kでした。

今回のレースでは遭難して行方不明の方がいらっしゃいます。一歩間違えば我が身。明らかに走力不足だったわたしには無謀なチャレンジだったと反省していますが、準備期間も含め学びがたくさんありました。がんばってよかった。行ってよかった。誘ってくれた友人に心から感謝しています。

c0222415_20415591.jpg


by minnieiko | 2019-07-16 20:53 | RUN | Comments(0)