人気ブログランキング |

Take it easy !

minnieiko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:RUN( 96 )

ロング・トレランお役立ちグッズ

野沢65Kを走って(歩いて)、役に立ったもの覚え書き。

c0222415_20215622.jpg
North Faceのレインウエア
レースの直前に買いました。ザックの上から着られるよう、ジャケットはワンサイズ上です。
去年の白馬国際トレイルではゴアテックスのレインウエアを使いましたが、上下を携帯すると嵩張るし重い。このレインウエアは軽くて動きやすいです。ただし強度はあまりない。レインパンツの後ろが破れました。まぁ、わたしは何度もコケたし、うち2回は数メートル滑り落ちたのでゴアテックスでも破れてたかもしれません。
☆プロテクトJ1とToe Caps
レース1週間前に行った京都ラウンドトレイルで右足の親指の爪が割れました。割れたところを深爪になるまで削ったけど、まだ少し先端が割れてる状態でした。下り坂で負荷がかかる親指がこれじゃ早々にリタイアだと思いToe Capsを購入。水曜日に届き、木曜日に1日装着してみただけのぶっつけ本番で使用しました。
当日は丁寧にプロテクトJ1を塗ったうえにToe Capsをはめていつものグレッグソックスを履きましたが、なにせぶっつけ本番、Capの際が水膨れになるのが不安で、セクション1終了時に爪が割れていない左足のCapを外しました。このときすでにソックスはずぶ濡れ。ちゃんと水分を拭き取ってJ1を塗り直せばよかったんですが・・・
活動時間17時間半のうち半分は雨の中、トレイルは泥濘だらけです。濡れたソックスをそのまま履き直した左足はひどい水膨れができてレース終盤は痛くてたまらなかった。右足はほぼノーダメージです。爪の割れが少し深くなったくらいでマメや水ぶくれはどこにもできていません。
☆カツサプ
持久系スポーツ用のサプリメント。極限まで疲れたときに使うと効果を実感できます。


by minnieiko | 2019-07-18 20:27 | RUN | Comments(0)

The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉

長い故障明けの復帰初戦、17時間3107秒で完歩しました。

以下は備忘録、長文です。

友人からお誘いがあったのは4月末、難治骨折の発覚から1ヶ月でまだ治癒の見込みがたっていない時期でした。このまま偽関節になったらもう長距離を走るのは厳しいなと悶々としてたので、誘われたことが素直にうれしかった。治るとしても練習再開の目途がたたないし、練習再開したっていきなり長距離のトレイルは無理だろうと冷静に判断するものの、去年DNFしたコースに再チャレンジしたい気持ちを捨てきれず返事を保留。52日のレントゲンで仮骨形成が進んでることが確認され、時間はかかるが治療を続ければ完治するでしょうと診断されて、完走できなくても野沢を走ろうと決めました。

練習再開は5月中旬。骨折してたって痛いのを我慢すれば走れることは実証済みなので、レースの日から逆算し、自己判断で見切り発車しました。ところが7m/kでも数キロで息が上がり、折れたところより先に太腿やお尻が痛くなる。トレーニングしなかったら筋力も持久力も低下するって当たり前のことを痛感する日々でした。結局、正味1ヶ月半の練習期間で30k以上のロング走は1度もできず、トレイルは猿投と京都ラウンドの一部を走っただけで本番を迎えることに。でも、今の自分にできるだけの練習はやった。装備も整えた。あとはレースを楽しんで行けるとこまでがんばろうと開き直りました。

4100Dマウンテントレイル野沢温泉は3セクションに分かれていて、スタート地点へ2回戻ってくるコースになっています。つまり途中リタイヤしやすいコース。そして制限時間が18時間と長いので、故障明けにチャレンジする人にはハードルが低いです。

当日は終日雨の予報でしたが、日中は曇りときどき小雨という走るには絶好のコンディションになりました。

セクション123k。温泉街を走ってから山へ入り、毛無山の山頂へ行って戻るコースです。『ゆっくり、行けるとこまで』が目標なのでここは問題なくクリア。炎天下だった去年より1時間遅いタイムでした。

セクション214k。去年はこの途中で熱中症になり、セクション1でつくった貯金を使い果たして制限時間ぎりぎりでセクション3に入りました。今年は体力不足でくたくたでしたが、制限時間45分前にスタート地点へ戻れました。去年のような最悪の体調でもありません。今の体力ならセクション2をクリアできれば上出来と思ってましたが、こうなると完走したいって欲が出ます。食料をたっぷり補給して装備を整え、今年も友人と一緒にセクション3に入りました。

セクション3は約30k5k行かないうちに降り始めた雨はどんどん雨足を強めます。早めにレインジャケットを着て友人の後ろを歩いてましたが、セクション2ですでに足を使い切ってるので着いていけず先に行ってもらうことに。じきに日が落ちて暗くなりました。ここからは自分との戦いです。

山頂付近の最終関門に着いたのは制限時間の2時間前。降り続く雨で低体温症になり、サバイバルシートに包まって救護を待ってる人が何人もいました。わたしはそこまで寒さを感じていませんでしたが、時間にまだ余裕があったので用意してきたウエアに着替えることに。上は長袖シャツにウインドブレーカーを重ねザックを背負った上からレインウエアを着て、下はアンダーウエアの上にレインパンツをはきました。自分の体が冷え切っていたことに気付いたのは着替えて外に出てから。ゴールへたどり着けたのはここのエイドでしっかり食べて着替えたからだと思います。

あとは下るだけと思ったこのコース、わたしにはここからが難関でした。雨のぼっちナイト・トレイルはもう2度と走り(歩き)たくありません。雨の夜の森は漆黒。見えるのは身に着けている2つのライトが照らす範囲だけ。聞こえるのはレインウエアを打つ雨の音と熊鈴が聞こえないほどゴウゴウと流れる川の音だけ。どぶ板を渡したような橋が何か所もあり、橋の手前は多くのランナーが立ち止ったせいか深い泥濘になっています。ここで滑って川へ落ちたら数日後に千曲川で発見されるんだろうなと背筋が寒くなります。恐怖以外のなにものでもない。前にも後ろにも他のランナーの明かりはなく、熊が出てきても逃げる体力はありません。大きな声で歌を歌いながら歩きました。

声を出すパワーすらなくたったころようやくアスファルトの道に出てどれだけほっとしたことか。自分の時計で残り56k。あとは左右の足をかわりばんこに前へ出していけばゴールにたどり着けると思ってたら再度トレイルへの指示。雨じゃなければ、明るければ、体力が残ってれば、ガンガンとばして走れるトレイルのはずです。でも足を前に出すのがやっとの状態で夜の雨。何度も転倒し、たった1kのトレイルを抜けるのに30分近くかかりました。温泉街へ入ってからはポールを杖かわりに11歩と前へ進みます。

7時にスタートし、ゴールしたのは日付が変わった03165kコースは実測67kくらいと聞きましたが、夜間のぼっちランで確認のため何度も戻ったせいか、わたしのガーミンでは69.23kでした。

今回のレースでは遭難して行方不明の方がいらっしゃいます。一歩間違えば我が身。明らかに走力不足だったわたしには無謀なチャレンジだったと反省していますが、準備期間も含め学びがたくさんありました。がんばってよかった。行ってよかった。誘ってくれた友人に心から感謝しています。

c0222415_20415591.jpg


by minnieiko | 2019-07-16 20:53 | RUN | Comments(0)

全力応援!

今日は飛騨高山ウルトラマラソン。去年ゴールしたときから今年も走ると決めてましたが、昨年末の骨折が難治骨折となりいまだ治療中の身。残念ながらDNSです。

でも、出走するみなさんとほぼ同じ時間に目覚ましかけましたよ。ランナーの性か目覚まし鳴る前に起きてしまい、ただ今お迎え待ち中。だいたい50kのあつまるエイドにいます。

出走されるみなさま、ウルトラの旅路を楽しんでください。そしてぜひお立ち寄りを~!!

c0222415_03155569.jpg


by minnieiko | 2019-06-09 03:16 | RUN | Comments(0)

BOSTON 2019

2度目のボストンマラソン、完走しました。最高に幸せな26.2マイルでした。

2016年は10kくらいから体調を崩して後半はほとんど記憶なし、ゴール直後に救急へ運ばれて意識不明になりました。いつかまたと思っていたこのコース、今回は足指の骨折が治りきらず足首まで痛めるという因果な巡り合わせです。出国直前の診察で主治医に5kまで、10kまでと決めてスタートした方がいいと言われ、痛み止めと胃薬を服用しての出走になりました。ゆっくりしか走れません。でもゆっくりだからこそ見える景色がある。前回の空白の記憶を埋めて余りある感動をたくさんもらいました。

後方を走るランナーは様々です。ガイドランナーと一緒に走る人、義足や低身長症など外見でわかるハンディキャップのある人、たくさんのメディカル・スタッフ。そして途切れない沿道の応援とボランティアのみなさん。走れる幸せ、走らせてもらえる幸せをかみしめました。

一緒に旅するラン仲間にも恵まれて、マラソン前後の観光もたっぷり、食事は毎回食べ過ぎ、盛りだくさんの旅でした。この機会を与えてくれたすべてに感謝の気持ちでいっぱいです。

c0222415_10484957.jpg
c0222415_10490000.jpg
c0222415_10483483.jpg
c0222415_10475628.jpg


by minnieiko | 2019-04-20 10:52 | RUN | Comments(2)

名古屋ウィメンズマラソン2019

4時間2723秒(ネット)で完走しました。

雨で寒い中、沿道で応援してくれたみなさんやボランティアの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

今シーズンは2度の骨折に伴う長期休養で走れない期間が長かった。2度目の骨折では認識の甘さから回復が進まず、12月と1月は走行距離ゼロ、2月も犬山ハーフを入れて36k。まだ完治もしてなくて、昨日は完走できれば上出来と思っていました。

小雨は普通に走れる状態なら願ったりかなったりのコンディションですが、歩くと寒くて辛いです。できるだけ長く走っていられるよう遅いペースで入りましたが、ハーフ過ぎで脚売り切れました。走った距離は裏切らない=練習不足は嘘つかない、ですね。幸い後半は数キロごとにラン仲間がいてくれるとわかってたので、次は〇〇さんのところまで、と、それだけを目標に進みました。

長時間じっとしてる応援の方がランナーより何倍も辛いはずなのに、笑顔で迎えて励ましてくれる。いつにも増して応援に力をもらうレースになりました。みんな風邪ひいてないかしらと心配です。

どんなにしんどくても友達のカメラにはこの笑顔。思い出に残る42.195kになりました。
c0222415_20420682.jpg
c0222415_20415241.jpg
c0222415_20413471.jpg

by minnieiko | 2019-03-11 20:48 | RUN | Comments(0)

犬山ハーフマラソン

1時間5426秒で完走しました。

c0222415_21203637.png

骨折は完治しておらず、12月と1月は走行距離ゼロ。2月も短いジョグを3回しただけで目標は2時間半の完走だったから、この結果には自分がびっくり。主治医には痛みが出たらやめるよう言われていて、5k過ぎから痛くなりだしたんですが、どれくらい痛くなったらやめなきゃいけないのか判断できず、最後まで走ってしまいました。まさに火事場の馬鹿力。

でもゴールした後が悲惨でした。会場近くの旅館でお風呂と食事の予定だったんですが、お風呂の後で急激に体調が悪化。お腹を下してトイレへ引きこもり、なんとか治まったと思って食卓へついたものの、眩暈がして座ってることもできなくなり座敷の隅に横になる始末。OS1を飲んだら復活したのでどうやら脱水だったようです。ドクターが一緒で本当によかった。まっすぐ帰っていたら路上で生き倒れていたかもと思うとぞっとします。

そして本日お昼過ぎから身体の節々に筋肉痛が発現。骨折してるところだけじゃなく前腿、お尻、足の裏、背中、痛いとこだらけの情けない状態です。練習しないと衰えるのは筋力と心肺だけじゃなく内臓を含む全身なんだと痛感してます。

ちなみに右が3週間前、左が先週金曜日のレントゲンで、骨形成は7割まで進みました。

c0222415_21153748.jpg


by minnieiko | 2019-02-25 21:22 | RUN | Comments(0)

Restart

2度目の骨折から8週間。昨日のレントゲンでようやくジョグOKがでました。

とは言え、骨はまだこんな状態。骨形成は50%で、ちゃんとした骨になるまでにあと1ヶ月はかかるそうです。

c0222415_22320800.jpg
負荷をかけ過ぎるとできかけの骨が削れてしまうそうで、ジョグはゆっくり短い距離からにしてくださいと言われました。去年の夏も同じこと言われたっけ。そして、ちょっと走っては痛みが出て腫れるを繰り返したっけ。でも約2ヶ月でなんとかフルマラソンを完走できるところまで戻しました。
ボストンマラソンまであと2ヶ月ちょっと。そしてその後2ヶ月弱で高山ウルトラ100k。スピードも持久力も戻りきらないうちに骨折してしまった今回はどう上げていったらいいんでしょうね。よーく考えてトレーニングします。


by minnieiko | 2019-02-01 22:34 | RUN | Comments(0)

努力は裏切らない

年末で業務超多忙のなか、無理やり午後休をとって出かけました。

c0222415_20535597.jpg
こんなみごとな眺望のホールで行われた憧れの人達のトークショー。望月将吾さんと野口みずきさんの対談です。
c0222415_20541296.jpg
ブログタイトルは野口さんの言葉。誰にも負けない練習をしたって自負があるからこそ言えることかもしれないけれど、沁みました。走れるのにいろんな言い訳をして昨日のお伊勢さんハーフに行かなかった自分が恥ずかしい。マラソンは『努力=結果』ですよね。練習した分だけ速くなる=練習しなきゃ結果(記録)は出せない。問題は自分がもう記録を求めてないってことなのも痛感しました。

c0222415_20533670.jpg
TJARから3ヶ月、望月さんは次の目標がまだ見つけられずにいるそうです。ストレートで朴訥な語り口で、異次元の憧れの人なのにとっても親近感を覚えました。


by minnieiko | 2018-12-03 21:57 | RUN | Comments(0)

持ってて良かったエマージェンシー・キット

先週の金曜日、トレイル途中のロードで転倒して負傷しました。右膝から脛にかけて外傷、左膝打撲と両手に擦り傷。持ってて本当に良かったのは写真中央のペットボトルの蓋です。真ん中に小さい穴があけてあり、少量の水を勢いよく噴射できて傷を短時間で洗浄できました。右足はタイツ脱がなくても治療できるほど派手に破れて流血。残ってた水はペットボトル1/3くらい。この蓋を持ってなかったらちゃんと洗えなくて、傷の状態を確認することもできなかったと思います。

c0222415_21555701.jpg
以下、備忘録

予定コース:中水野から瀬戸ぐるコースを逆回りでお化けトイレへ、定光寺へのエスケープルートを確認して茶屋でおでんを食べる。帰りは何度も迷った休養林のこもれびの径を確認して中水野へ戻る14kくらい。猿投よりずっとゆるくて短い練習コースにしたいと目論んでました。

負傷した場所:定光寺へのエスケープルート、下り坂で紅葉を見ながらスピード出してて、アスファルトの段差に足をとられました。

実際コース:応急処置の後、歩いて定光寺駅へ行きJRと地下鉄で帰宅。茶屋とこもれびの径は諦めて10+徒歩2kくらい。

教訓:ドリンク以外の水は必須。転倒するのは気がゆるんだ時。ひとりのときはスピード出さない。ゆるくたってトレイルをナメたらいかん!
おまけ:お化けトイレは取り壊されて跡形もありませんでした。新しいのに建て替えられるそうです。

c0222415_21573479.jpg



by minnieiko | 2018-11-27 22:10 | RUN | Comments(2)

いびがわマラソン2018

速報記録4時間248秒で完走しました。



骨折による長期完全休足のあと少しずつ走りはじめて約2ヶ月。ちゃんと練習できたのは1ヶ月くらいで、ロング走は6m30s/kの30k走1回だけ。そのときも残り12k走れるとはとても思えない状態だったから、42.195kを走りきるのが昨日の目標でした。

幸いにも晴れで寒くない。これなら途中から歩いても5時間半あればゴールにたどり着けるだろうと、今のわたしには無理と思われるペースでスタートしました。20kまで行ければ上出来と思ってましたが、辛かったのは15kくらいまで。そこから少しずつ呼吸が楽になり、コースが下りになる25kくらいからは、走れる身体に戻ったことがうれしくてグランパスの応援歌を口ずさみながら楽しく走れました。

42.195kは長かった。でも追い越されたり追い抜いたりしながら走った仲間にパワーをもらいました。もちろん沿道で応援してくれた仲間にも。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


by minnieiko | 2018-11-12 21:50 | RUN | Comments(0)